21世紀COEプロジェクト「極限量子系とその対称性」では、 昨年に引き続き第2回の若手交流シンポジウムを開催することになりました。 各研究分野内での専門化・細分化が進む現在、少しでも自分の分野を離れると 何をやっているのかわからない、という状況に陥りがちです。 そういった状況を踏まえ、このシンポジウムは専攻・キャンパス・研究分野の 垣根を越えた交流を通じて、相互の理解を深め、刺激を受け合うことを目的とし ています。 今回は口頭発表に加えてポスターセッションを行うことで、より活発な議論が行 われることを期待しております。もちろん、教職員や一般の学生の方の来聴も大 歓迎ですので、奮ってご参加ください。

連絡事項

写真を掲載いたしました。

プロシーディングスを提出していただきます。 フォーマットはこちらのテンプレートを使用してください。 〆切は11月24日(厳守)にてお願いいたします。

最終日のclosingの際に、写真撮影を行います。

ポスター発表の時間割は 11:30〜12:30(午前), 15:15〜16:15(午後)と16:15〜17:00(合同) となっています。 自分の口頭発表の直後の時間はコアタイムですので、 自分のポスターから離れないで下さい。 最後の合同の時間は自由に動いていただいて構いません。 時間の都合上、最終日のみ 11:00〜12:00(コアタイム), 12:00〜12:30(合同)となっています。

発表にはプロジェクターを用いますので、PowerPoint, Keynote, PDF等の形式で お願いします(OHP機器は用意しておりません) 機器の切り替えに要する時間を短縮するため、 会場にはWindows XP+PowerPoint2003とMac+Keynote の入ったマシンを用意しますので、 そちらにデータを移し替えて発表をしていただきます。 つきましては発表者の方は、自分のセッションの始まる前にステージまで来て データを移し変え、動作を確認するようお願いいたします。 どうしても動作に不安がある方は、お手数ですがご自分でPCをご用意下さい。

発表時間は6分+質問1分です。 ただしセッションの先頭の4人(A-1, B-1, C-1, D-1)の方には 始めにそのセッション全体の概観的な話もしていただくため、 11分+質問1分となっております。 セッションの途中に休憩時間はありませんので、ご注意下さい。

ポスター発表のパネルサイズは W:112cm x H:175cm です。
発表当日の朝、会議の開始15分前までに講演番号が書かれたパネルに貼っていただきます。
(初日・2日目は10時、3日目のみ9時30分までに貼ってください)

要項

名称 第2回 21世紀COE QUESTS RA若手交流シンポジウム
日程 2006年11月6日(月)〜11月8日(水)
会場 東京大学本郷キャンパス理学部1号館 2階 小柴ホール
問い合わせ先